板金塗装で中古車を一から再生!

中古車の場合、保管状態が悪かったのでしょう。塗装が荒れるのは、意外と多いのです。車の塗装はデリケートですから

板金塗装で中古車を一から再生!

中古車の塗装は、たまに荒れていることがあります。

車の塗装は非常にデリケートなモノです。新車を買えば、半年は洗車をしない方が良いと言われます。洗車をするにしても、一番良いのは水洗いだけで、軽く水で汚れを落とすのが一番だという話です。ブラシなどを使用すると、間違いなく傷が付くからです。車の塗装は、ほとんど触らないのが一番良いのです。中古車の場合は、前のオーナーがどんな場所に車を止めていたかでかなり決まります。木の下などに止めておくと木の樹脂がボディに落ちることがあり、そこから塗装が徐

々にダメになります。線路際の家に駐車場があると、電車から出た鉄板が、ボディの樹脂に刺さり、ざらざら人ってしまいます。そのまま放っておくと、鉄粉はドンドンさびて、ボディの塗装はますます汚くなってしまいます。鉄板を取る年度があるので、これを使って取り除くのが一番です。ただし、年度でボディをこする形になるので、結局はボディを傷つける事にも成ります。しかし、そのままにしておくよりは遙かに良いので、早めの処置をしておく方が良いと思います。

それ以外では、鳥の糞などもいつまでもそのままにしておかないことです。塗装は車のボディを保つためのモノです。見た目も美しくしますが、雨風から耐えることも塗装の役目です。最近では空気そのものがかなり汚れrているので、車の塗装には厳しい状況です。少なくとも水洗いをして、きれいな状態を保っておくことが大切です。ワックス掛けも良いのですが、必要以上に掛けないこともボディのためには必要だと言えます。

注目情報

Copyright (C)2019板金塗装で中古車を一から再生!.All rights reserved.