板金塗装で中古車を一から再生!

激安で買ったボコボコの中古車ワーゲンをピンクに塗装しちゃいました。ピンクパンサーのピンク、世界に1台!

板金塗装で中古車を一から再生!

中古車のワーゲンをピンクに塗装

昨年7月、91年製の中古車ワーゲンを購入inメキシコ。買ったときはボッコボコでやっとこさ動いている状態だったのですが、マニュアル車ということもあり、手入れを決断。前に乗っていた中古のクライスラー社ストラトゥスがオートマチックで、部品を替えても替えても次々に違うところが悪くなる、というまさに“オートマ地獄に”陥り、もう2度とオートマ車は買わんぞ!と固く決意。オートマ限定免許のくせに、無謀にもワーゲン、しかも空冷車を買ってしまったんでございました。とりあえず塗装から、ということで何軒か塗装屋をまわり、保険会社も御用達というお店に決定。ペンキ屋で貰った色見本を渡し、「ピンクで」と。もうメキシコ人相手には説明すればするほど、ワヤなことになるのは目に見えているので、もうピンクであればなんでもいいっすよ、と。

へこみ、傷を叩いては直し叩いては直し、車の泥よけ部分、バンパーも新しく購入し、結局1ヶ月近くかかりましたが、納車された車はピッカピカー。すばらしい!まるで新品同様です。ピンクも、ショッキングピンクが来るか、女性専用タクシーのピンクが来るか、と納車当日になってハラハラしてたんですが、到着した車はまさにピンクパンサーのピンク!思わず頬ずりしたくなるくらいかわいいのです。友人が冗談で「日本に送る」と言った言葉を間に受けて、おっちゃんかなり本気を出したとかで、、、その後半年経ちますが、メキシコの厳しい太陽に負けてかなり色が褪せてきましたが、これはこれでかわいいパステルカラーになっております。

Copyright (C)2019板金塗装で中古車を一から再生!.All rights reserved.